梅雨明けしましたが、とにかく毎日蒸し暑い!

 

これでは熱中症も心配です。

 

そこで当社では、現場に打ち合わせにいらした方や、作業に立ち会って頂いた方に、

「熱中症対策・塩キャンディ」をプレゼントしています。

 

 

熱中症は、気温の上昇が主な原因とされていますが、実は「湿度」も大きく

影響します。次のグラフは、暑さ指数(WBGT値)を示したものです。

縦軸の「気温」と横軸の「湿度」が交差するマスにご注目ください。

 

 

たとえば、気温が37℃で湿度が45%の交差するマスをみると、WBGT値(暑さ指数)

は「31℃」で、「危険」の枠に達しています。

 

一方、気温が28℃とやや低めでも、湿度が75%だと、WBGT値は「28℃」で、

「厳重警戒」のレベルに相当します。つまり、たとえ気温が30℃以下でも、湿度に

よっては危険な状態になり得るということです。

 

それは一体、なぜなのでしょうか?

 

人間は汗をかいた後、その汗が蒸発すると「気化熱」として体内の熱が奪われ、

体温が下がります。つまり、汗をかいたとしても、それが蒸発しなければ体温は

下がらないのです。

湿度が高いと、皮膚が湿った状態のままなので、汗が蒸発しません。

そのため、気化熱が生じることも無く、体温も下がらないのです。

 

その状態は、言ってみれば24時間湯船に浸かっているのと同じ!

体の中に熱がこもって、「ゆでダコ」のようになってしまいます。

ですから、気温が低いからといって油断せず、湿度にも気を配るようにしましょう。

 

 

特に最近は、屋外だけでなく室内で熱中症になる例も増えているので

注意が肝心です。

 

断熱材にセルロースファイバーを使った家は、温度も湿度もコントロールできるので、

蒸し暑い夏でも安心・快適に過ごせます(^^)/

前の記事