間伐材でできたSDGs

いよいよラグビーワールドカップが開幕しましたね!

スポーツの魅力は世界共通。国境を越えて、人々が感動を共有しあい、世界がひとつになります。

 

 

それは、私達が取り組んでいるSDGs(エスディージーズ)にも言えることです。

SDGsには、世界が抱える問題を解決し、持続可能な社会をつくるために世界が一致して取り組むべき

ビジョンや課題が網羅されています。

 

そのためグラウンド・ワークスでは、6つの目標に真剣に取り組んでいます。

この度、間伐材で造った「SDGsバッジ」が完成しました。欲しいという方は、ぜひグラウンド・ワークス

までご連絡ください。

 

間伐材を地域資源のひとつとして活用することは、植林から伐採、再造林に至るまでの循環を活性化し、

山を守ることにつながります。

 

これらの活動は、循環型社会に貢献するためにも必要なことです。

現在、日本の国土の約3分の2は森林です。木々が成長してくると、林の中が混み合ってきます。

それを放置すると、隣り合った木々の枝葉が重なり合い、根も十分に張ることができなくなって、木々が

健康に育むことが難しくなります。

 

そのため、適度な伐採をして森林の手入れを行う必要があります。間伐することで木々が健全に成長し

価値の高い木材を生産することができるのです。

 

しかし日本の森の現状は・・・

 

 

日本国内における国産材の自給率は2割にとどまります。こんなにも木材資源が豊富な国なのに、

8割以上は外国材が使用されているのです。

安い外材が流通することで、国産材の価格が低迷し、林業自体が疲弊しているのが今の日本の現状です。

 

国内のすぐ近くに資源があるのに、安いからといってわざわざ遠いところから仕入れることは、果たして

理に適ったことなのでしょうか。経済を生み出し、循環させることができる国産材を放置しているという

のは、非常に残念なことだと思います。

 

 

 

 

1つの木材を造るのに手間と時間のかかる林業では、木を伐る度に赤字を生み出すのが現状です。

林業意外に産業のない地域では、若者が流出して過疎化が進み、高齢化や地域の活力の低下といった

様々な問題が生じています。

 

そこでグラウンド・ワークスでは、その課題を解決すべく、地域材を活用した「木造大型パネル構法」

の普及に取り組んでいます。

詳細はまた後日お伝えします。

前の記事

山ちゃん通心 夏号