「ジオカルテⅢ」が仲間入りしました!

最近、おかげさまで地盤調査のご依頼が増えてきましたので、新しい地盤調査機

「ジオカルテⅢ」を追加で導入しました。

 

 

新規導入にあたり、折角ならと、製造工場まで調査機を引き取りに行きました。

この製品をつくっているのは、京都府綾部市にある「日東精工株式会社」という

創業80年の老舗企業です。

コンパクトな設計が必要なネジ製品をはじめ、自動組立機、計測制御技術・検査

装置まで一貫して行っています。もちろん製品はMade in Japan で、工場で徹底

した品質管理が行われている様子をしっかりと確認することができました。

 

 

お客様の大切なマイホームを支える地盤!その地盤特性・強度を見極めるには

精度の高い地盤調査機でないといけません。

今回導入した新しい地盤調査機「ジオカルテⅢ」は、「スウェーデン式サウン

ディング試験」という地盤調査に用いる機械です。

 

「スウェーデン式サウンディング試験」では、地中にロッドを埋め込み、5㎏、

15㎏、25㎏・・・と最大100㎏まで負荷をかけて、既定の深さまでロッドをねじ

込んでいきます。

そして、ロッドが固い地盤に行きついて、ハンドルを回してもなかなか地中深く

まで入らないようになったら測定を終了し、測定結果に基づいて土層の構成を

把握します。

見えない土の中を高精度に解析するには、多くの技術が必要とされます。

「ジオカルテⅢ」は、従来人の手で行われていた戸建て住宅向けの地盤調査を

劇的に高精度化すると同時に、作業の軽減化を実現した画期的な製品です。

 

 

グラウンド・ワークスでは新しい調査機の導入を機に、こらから皆さまにより

スピーディーでクオリティの高い地盤調査をご提供していきたいと考えています。

どうぞご期待ください!

次の記事

新入社員歓迎会!