シロアリ

木の家を長持ちさせるには
木材劣化対策が不可欠。

ボロンdeガード工法黒衣

<世界基準のホウ酸処理>

日本の住宅の平均寿命は30年程度といわれています。
その要因を大きく占めるのが土台や柱・梁など構造材の腐れやシロアリによる被害です。新築時に行ったシロアリ対策はもちろん効果がありますが、その効果は5年経過した場合なくなっている可能があります。


特徴1 長期持続

薬剤処理にも種類があります。
今後のリスクとコストを考慮しても効果が長期持続しなければ、
防蟻・防腐処理は意味がありません。

持続効果比較
ホウ酸によるシロアリ対策
特徴2 安心・安全

ホウ酸と聞いてゴキブリのホウ酸団子を思い出す人も多いはず。ホウ酸は哺乳動物には無害で、腎臓機能を持たない昆虫などには厳しく作用します。目薬やワインにも入っている自然なものだから安全。

無農薬で自然素材 ボロンdeガード工法 ホウ酸

ホウ酸は目薬やワインにも入っている自然なものだから安心です。


moogle

リフォーム、塗り替えを検討しているお客様へ

シロアリ点検はお済みでしょうか?
マイホームを長生き・長持ちさせるために、
木材劣化対策は不可欠です!木材が健康だからこそ、
耐震性・構造材としての役割を果たしてくれるのです。

当社のシロアリ対策はひと味違う‼
点検から施工までの流れ グラウンド・ワークス 動画でわかる事業紹介 グラウンド・ワークスがお見せできるのは「見えない部分」の安心です。

スクロールをトップに