スウェーデン式サウンディング試験・ボーリング調査

スウェーデン式サウンディング試験とは

スウェーデン式サウンディング試験

スウェーデン式サウンディング試験とは荷重による貫入と回転貫入を用いた試験方法です。
この試験方法により、土層の構成を把握する事が可能です。
ロッドを埋め込み、5kg、15kg、25kg・・・と最大100kgまで負荷をかけて、規定の深さまでロッドをねじ込んでいきます。地層が固く、ハンドルを回してもなかなか地中深くまで入らない場合は測定を終了します。この試験方法は、装置の操作が容易で迅速に測定ができ、現在最もポピュラーな地盤調査法で住宅建築の地盤調査では、約80%がスウェーデン式サウンディング試験で調査します。


スウェーデン式サウンディング試験

ロッドの先端の画像です。
地面に対し、垂直に突き立てます。
写真は、規格通りの径かどうか確認しているところです。
JIS規格で定められているため、摩耗してφ30mm以下になったものは使用しません。


スウェーデン式サウンディング試験

規定の深度まで到達、もしくはハンドルの回転数が規定の回数まで到達すると、ロッドを地面から抜きます。 その際に付着している土も調査の対象となります。
ロッドに付着した土の性質や酸度、水分の含有率等、あらゆる角度から調査していきます。


スウェーデン式サウンディング試験のメリット
  • 調査が容易で比較的安価。
  • 柔らかい地層の有無が分かる ・機動性に優れ、狭小地での調査が可能。
    (既存宅地での調査もご相談下さい。)
  • 超軟弱な粘性土地盤でも連続的なデータの測定が可能。
  • サンプラーによる試料採取が可能。
  • 複数点調査のため軟弱層の厚さの違いがよく分かる。
  • 汎用性が高いため、蓄積データが豊富。
スウェーデン式サウンディング試験のデメリット
  • ガラや玉石等により深部への貫入が困難。
  • 地層分類の判別が試験者の経験や感覚に委ねられ、個人差が出やすい。
  • 10mを超える場合、摩擦により過大評価となってしまう。
  • 盛土が堅固な場合、深部のデータが過大になりやすい。

スウェーデン式サウンディング試験 調査結果の見方

スウェーデン式サウンディング試験

上記データはスウェーデン式サウンディング試験の調査結果です。
左のグラフは調査した場所の土質の強度を調べ、右の図は調査した場所によって柔らかい土質の厚さを比べる図です。


ボーリング調査とは

ボーリング調査とは、地面に穴を開けて一定の深さごとに土を採取し地層の深さ、地層の構成や地層の強度を調べるものです。
地面に小さい穴を開けて、ボーリングロッドと呼ばれる棒状の先端に土を採取するための器具が取り付けれられています。
貫入試験は、重さ63.5kgの重りでロッドを叩きこみ深度30cm貫入するのに要した重りの打撃回数を記録します。 1m毎にデータ(N値)を記録します。


ボーリング調査のメリット
  • 採取試料から土質の詳しい判断が可能。
  • 支持層の測定が可能。
  • サンプラーによる試料採取が可能な事から各種試験への対応ができる。
  • 10m以上の調査が可能。
  • 汎用性が高いため、蓄積データが豊富。
ボーリング調査のデメリット
  • 1地点の調査でもスウェーデン式サウンディングと比較しコストがかかる。
  • 試験者により人為的誤差が生じる事がある。
  • 4×5m程度の作業スペースが必要。
  • 多くの測点を調査するには、時間とコストがかかる。
  • 孔内水位と自然水位は必ずしも一致しない。

ボーリング調査 調査結果の見方

この調査により、固い地層やその層厚、どのくらい水分を含んでいるのか、どんな土かが分かります。
N値が少ない程柔らかい地層でN値が高い程、固い地層となります。
※本サンプルデータでは、8m~9m付近が固い地層となります。
尚、この上に建てる建物も重さなどにより、N値の基準が変わりますので、柔らかい地層でも、工事を必要としないケースもしばしばあります。


お問い合わせ
ハイスピード工法 お仕事の流れ よくあるご質問
グラウンド・ワークス 動画でわかる事業紹介 グラウンド・ワークスがお見せできるのは「見えない部分」の安心です。

スクロールをトップに